2020年11月02日

葬儀とか色々

蝶子の葬儀火葬を昨日した

土曜日に亡くなって日曜日で早いんだけど夫の仕事の関係もあったし蝶子の姿は痛々しくてみてるのがつらかったから

さくらの時はようやく苦しみから放たれて眠れているように見えてずっとこのままいてくれたらいいのにって思うぐらいで葬儀火葬を遅めにしたんだけど

蝶子は顔の傷とか麻痺して閉じられない目とか閉じられないから出る目やにとか見た目からまだしんどそうなつらい感じが伝わってきて

病気になって最後の1ヶ月ぐらいで特に顔につらそうな感じがすごく出てたから


姉妹のグレースとほぼ姉妹のつきちゃんに最後の挨拶させたんだけど二人とも超ドライ

まあ蝶子は病気になって見た目も行動も色々かわってしまったから二人の中ではもう以前の蝶子とは続きではみれなかったのかな

蝶子とグレースは仲良し、蝶子とつきちゃんも仲良しだったけどグレースとつきちゃんはそうでもない

仲悪い訳ではないんだけどどっちも自分から他の猫にくっつきにいくタイプではないから


元気だった頃の蝶子を思い出そうとすると蝶子だいたい走ってたりまとわりついてたり、あんまりじっとしてない落ち着きない子だったから

遺影の写真選びもしなくちゃ

眼震があったから写真の目と実際の目とちょっと印象が違うことが多いから蝶子らしい写真を探さないと


火葬のときお骨は全部持って帰ってくるんだけどさくらの時に骨壺入りきらない感じになってしまってさくらの時より一回り大きい骨壺にしたんだけど蝶子はそんなに骨が残らなくてスカスカになってしまった

これならさくらと同じサイズでよかったかも


三女の寝かしつけして寝たら蝶子のとこ行こうとか寝かしつけ中に蝶子がわーわー泣くから蝶子蝶子って名前を呼んだりすることもなくて今日はとても静か
posted by ネコマティ at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188085826

この記事へのトラックバック