2019年07月26日

さくら再び

DSC_5232.JPG
長女(7才)がカメラがほしいというから使ってないコンデジを引っ張り出してきてデータ見たらさくらの写真が2枚あった

8年前のさくら

さっちゃん、こんなとこにいましたか

これが日常だった時代があるんだよね

嘘みたい



3日旅行にいって帰ってきたらベッドに血しぶき

結構な量で全員の体をチェックするもののケガや血は見つからず

翌朝まずつきちゃんとグーを病院へ

場所的にグーが第一候補

貧血もなさそうだけど

元々血液検査する予定だったので検査

その日の夜、蝶子の声がガラガラになる

その翌日にあたる本日、蝶子を病院へ

気管支がちょっとよくないということで投薬

たぶん蝶子だったのかな



グー3.02kg
蝶子3.0kg
つき4.0kg

みな風邪騒動で体重が減ってからまだ戻らない感じ


ちなみに蝶子の肝臓数値が高い件、甲状腺は正常

ほんと蝶子は何回も甲状腺疑われてそのたびに正常

肝臓は定期的に血液検査しつつ様子見
posted by ネコマティ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月15日

子猫と子供

DSC_5064.JPG
次女(ほぼ5歳)とあんこ(3ヶ月ぐらい)

次女はあんこが気に入っていてしょっちゅう抱っこしてあんこも大人しく抱っこされてる

そして今朝、次女があんこに目薬までうってた

あんこも大人しくうたれてた


ウーナとほぼ同い年の次女はウーナが子猫のころ一緒に遊んでた

興味の対象が同じみたいでほんとに同じ遊びをしてた

でも今は子猫を遊ばせたり世話したり成長したなー

子猫のウーナと
http://sakulove.sblo.jp/article/162608525.html
posted by ネコマティ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月13日

ワクチン

DSC_5045.JPG
全員風邪治ったので

子猫はまだちょっと目が赤い部分もあるけどほぼ治ったのでワクチンを打ってきた

子猫、蝶子、ウーナ

子猫の名前はあんこに決定

あんこ体重1kg、蝶子3kg、ウーナ5.8kg

ウーナの体重…

蝶子減ってる…


蝶子は前回血液検査して肝臓引っ掛かったので甲状腺の検査も

つきちゃん、グーは次回打って血液検査もする予定


今回の風邪、ウーナは最後までうつらずウーナはワクチンを打ったのは2年前

やっぱ2年は効くなってのと蝶子たちは結構前…ブログ遡ったらまさかの8年前…?

さすがに間についでにしてる気もするんだけど…ザワザワ…

とりあえずワクチンは3年あいたら効果きれてそうだから今回全員打つ️



このママ猫が蝶子に似てる…

蝶子の方が面長だけど…ザワザワ…


https://twitter.com/PKg75ShCpMpffyM/status/1147874430393049089?s=09
posted by ネコマティ at 17:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月12日

やっと

sketch-1562871276754.png
次女に抱っこされる子猫

子猫の名前はあんこで決まり

あんこを呼ぶとやっぱ蝶子が来るからアン呼びで

風邪はあんこを含めてみなほぼ治った

一時期は失明覚悟するレベルだったけどちゃんと両目あいた

たまにぶり返しか?という涙もみるけどほぼ

3連休とにかく全員ワクチン打ってきます

あんこは割りと子供いても平気で逃げまくったりもしないで抱っこもさせてくれるし遊びもする

子供がしょっちゅうあんこ捕まえて抱っこしてるから抱っこ嫌いになると困るからほどほどに

子供平気な猫は結構貴重
posted by ネコマティ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月06日

風邪と名前

蝶子は風邪治った

子猫はよくはなってるけどまだ特に左目がよくない

あと少し下痢かな

グレースは一番悪いときは脱したけど食欲が全然ないみたいで心配

そしてつきちゃん風邪引いた

薬効いてるのか重くはないと思う

ウーナは風邪引いてない


子猫の名前を色々考えて「あんこ」にしようということになって実際にあんこ、あんこちゃんと呼ぶと蝶子が来る

こりゃまずいということで呼び名をアンにするかあずきに変えるかで、アンちゃんと呼ぶと私毎回ちょっと特定の人を思い出してしまうので、あずきがいいかなと考え中

てか蝶子が自分の名前を「こ」で判断してたのかと驚き

まあたしかに蝶子、ちょこ、ちょこりんと色々呼んでるからなあ

蝶ちゃんとも呼ぶけどそれでも来る

子猫もまだ名前覚えてないし覚えちゃったらそれでいいかという感じ


とにかく風邪っぴき、特にグーの全快を祈る
posted by ネコマティ at 21:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月03日

病院

DSC_5030.JPG
グーの調子が全然戻らず嘔吐もひどくて病院いって注射と投薬を変えてもらった

ついでに子猫も

子猫はよくはなってるけど治りきってない

子猫も薬変更

エイズ白血病検査をして陰性ホッ

回虫いるからフロントラインの強い版?も打ってもらった

子猫、体重が増えてない

下痢してるわけでもないしごはんも食べてるのに

ワクチンは風邪が治ったら


隔離はワクチンうってるこなら子はいいよってことで

もう既に隔離を突破してくるけど特にうつらないウーナはワクチンの効能が続いてると思われるし

つきちゃんは自主的に隔離してるから接触しないし

グーと蝶子はもううつったし…

つきちゃんがあぶないから先にワクチン打とうかな

ゆるく隔離解除中


写真はさくらのお気に入りの寝床で寝る子猫

ここ最近のグーの調子の悪さがさくらを思い出させて精神的にかなりしんどい
posted by ネコマティ at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月02日

グーも注射

グーも風邪がひどくなってきて手持ちの抗生剤飲ませてたけどよくならないから病院で注射。

蝶子は自分からごはん食べに来るからちょっと回復してるぽい。

グーは口内炎もあるって。

薬を粉じゃなく錠剤にしてもらったからまだあげやすくなった。

粉は時間かかるわりにほんとに全部飲みきれたのかって不安。

今あげてる薬

子猫 抗生剤(粉、朝晩) インターフェロン(液、朝晩) 目薬(随時)

蝶子 抗生剤(錠剤 朝晩) 目薬(時々)

グー 抗生剤(錠剤、朝晩) 甲状腺(錠剤、朝晩) 目薬(時々)

つき セミントラ(液、夜)


多い!多すぎる️
posted by ネコマティ at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月01日

投薬が多い?

蝶子の血液検査、肝臓の数値が悪いって

だから甲状腺の検査もって

でも今蝶子風邪引いてるから風邪治ってからの方がいいかな

まだ治らない

グーもクシュンクシュン

子猫の結膜炎も

なんかもうひたすら投薬投薬

投薬してないのは子猫とべったりのウーナだけという

やっぱ隔離が負担だから子猫の血液検査ワクチン駆虫やってもらおうかな

ワクチンはあれでも血液検査と駆虫

今日子猫とウーナ以外の誰かが盛大に吐いたけど誰かわからない
posted by ネコマティ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月30日

子猫退院

DSC_5026.JPG
子猫退院してたけどまだ治ってないからワクチンもなにも出来てない

結膜炎もまだで治っても瞬膜出てる子になるかもなあと思ったり

そして子猫入院中に潜伏期間を経て蝶子にうつる

そして今日グレースにうつる

蝶子とかあんまり接触してないけど

ガッツリ接触してたウーナは平気

やっぱワクチン打ってないからかな

ウーナは前のワクチンから3年以内だからまだ効果あるのかな

それかグーたちが子猫のときにひいてた風邪がキャリアになって出てきたのか

さくらは子猫拾っても全然うつらなかった

ちょっと風邪騒動おさまったらみんなワクチン打っとこう

一応隔離してるつもりだけど

ウーナは隔離を突破してくるし蝶子とグーはうつってるから隔離してもしなくても同じな気がするしつきちゃんはいつも通り自主的に隔離状態
posted by ネコマティ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月23日

子猫入院

DSC_4973.JPG
全然よくならないどころか悪化していってるので子猫は今日から入院

最初から入院させてもらえばよかった

うちでは全然よくならない…

両目結膜炎、鼻水くしゃみに加えて夜から嘔吐、食欲不振が出て

子猫が嘔吐してから夜中、不安で不安で

もうプロに任せて点滴とかでよくなってもらわないとうちではだめだということで朝一病院にいって入院をお願いした


病気は全然進展なかったけど人にはすごく慣れてうちのうるさい子供にも慣れた

ウーナとも慣れた

…ほんとは隔離してないといけないけどケージ出せ出せ(by子猫) 、部屋に入れろ入れろ(byウーナ)ということで根負けした写真

とりあえず3日ほど入院は確定

どうにか治りますように

ちなみに回虫ありで薬塗ったけど落ちず、月齢体重増えたらもうちょっときつめの駆虫薬を使うとのこと


ウーナの子猫の時も失明危機があって同じ薬を使ってた

ウーナはうまくいったんだけどなあ…

難しい…
posted by ネコマティ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記